google-site-verification=XNJPh8_UXdq5SOsnrzme3bgGuKQaaP9acdLe3TrnkXs google-site-verification=XNJPh8_UXdq5SOsnrzme3bgGuKQaaP9acdLe3TrnkXs
大学

大学生のテスト勉強法~確実に単位をたるためには?

こんにちは!大学では授業ごとに中間・期末テストがありますよね。
中には中間テストがなく期末テストだけの授業や、テストではなくレポートをテストの代わりとして済ませる授業もありますが。

ここでは実際に大学生が中間・期末テストに向けてどのように対策しているか、勉強時間や勉強方法などをお届けします!

大学のテストの内容は?何が出る?

テスト 内容

大学の試験では講義の内容が中心となります。日頃の授業をサボらずにしっかりと授業に出ていれば基本的には大丈夫です。
授業に出ていても単位を落とす人はいますが(笑)

授業に出ていない人は単位も落ちしやすいですし、留年する確率も高くなると統計データで出ています。
なので、しっかり授業に出席して授業内容をノートにとるようにしましょう。

大学では講義によって、授業で使う資料などをネットに掲載してくれてはいますが、簡潔に省略したものだったりと完全とは言えない場合が多いでしょう。

教授や先生から重要なポイントとかを聞けるかもしれませんし、やはり直接授業に出て話を聞くことに越したことはないです。

もし休んでしまった場合は友達にノートを見せてもらったりできると安心ですね!

テストの勉強方法

テスト勉強

次はテストの勉強方法について見ていきましょう。
勉強方法が良ければ、たとえ時間が短いとしても効率よく知識を詰め込み、テストでも高得点を取ることができます。

基本的には授業内容の復習をしていれば問題ありません。自分が授業を通して板書したノートを見返しましょう。

先生が授業中に「テストに出す」といったところや繰り返し強調したところ、例題や練習問題として出した問題は解けるようにしておくべきですね!

数字だけを変えた同じ形式の問題がテストに出たなんてことはよくあります。
何回か繰り返して問題を解いてしっかり覚え、理解できるまでやりましょう。

また、完璧を目指しすぎるのも良くないです。
大学の内容は当然高校とは比べてかなり難しくなっています。原理だとか公式などの導出方法など、細かいところまで理解しようとすると膨大な時間がかかります。

わからないところが出てきて基礎に戻って理解しようとしても、「なぜこれを使うのだろう」とか奥まで掘り下げていくと、その基礎自体がまた分からなくなった!なんてこともよくあります。

細かいところまで完璧に理解しようとするのはもう専門家の領域です(笑)
なので重要な部分をピックアップしつつ、他の細かいところは飛ばそうと割り切ることも大事です。

理系の方でも暗記が重要な場面が多いと感じています。
覚えるべきところは覚える、重要ではない部分は飛ばす、この判断をしっかりして効率よく勉強しましょう!

テストの過去問を活用する

大学のテストにおいて、過去問の存在は無視できないでしょう。正直に言うと、過去問を解くことが一番手っ取り早くて効率がいいかもしれません。

一番大きいメリットとして、授業担当の先生の出す問題傾向を知ることができるんですね。

担当の先生が前年と変わっている場合はそこまで効果は無いかもしれませんが、同じ場合は過去問を何年か分見ることによって似たような問題が出題されているかなど共通点を見つけることができます。

テスト勉強を数日前や前日に始めるという人がまず手に付けるのはこの過去問でしょう。

極端に言うと、授業に全然出席していないような人でも過去問をやると単位が取れたという人もいます。
それくらい過去問を解くのは有効なんです。

私自身も、大学のテストを受けるにあたって過去問とまったく同じ問題が出たというのが何回かありました。

と、ここまで過去問を絶賛してきましたが、もちろん完璧というわけではありません(笑)
過去問と全然傾向が違う問題が出るということももちろんあります。

そういった場合には過去問だけに頼って勉強した人からすればたまったもんじゃないですよね。
なので過去問だけを解くというのはある程度リスクがあります。

ですが、過去問と違う問題が出たとしても、過去問で実際に問題を解く中でその分野での理解度を大幅に上げるということはできます。

「過去問を解きながら足りない部分はノートや教科書で補う」 これが一番効率的なのではないかと思います。

ひとまず過去問は全部丸暗記、解けるようにしつつ授業内で出題された問題や教科書に載ってある問題を解けばかなり高得点を狙えます。

ぜひ、過去問は先輩や友達から入手しておきたいところですね!

持ち込みが可能のテストは・・・

教科書ノート 持ち込み

大学のテストには資料を持ち込んでも良いという場合があります。

A4ノート1枚だけ持ち込んでも良いとか教科書の持ち込み可など、いわばカンニングのようなことが認められている授業があるんですね。

そういう授業だと暗記する必要がなく、テストの点数も取りやすいのでラッキー!と思う方も多いでしょう。

そういう場合はこれでもか!というくらい書き込んでやりましょう!

ただ、情報量が多いとどこに何が書いてあるかごちゃごちゃになる可能性もありますので、一回は目を通して大まかに内容の把握をしていくといいですね。

また、ノートのA4やB5など、サイズを間違えると持ち込み物として認めないという先生もいますので、そのあたりはしっかり授業担当の先生の指示に従うようにしましょう。

持ち込みありのテストだとわざわざ暗記をしようとする人もいませんよね。
そんなときにいざ持ち込み物が認められず、取り上げられたとなると全然問題が解けず悲惨なことに、、ということにもなりかねません。

そんなのはもったいなさすぎるのでテストに関する指示には気を付けましょう!

まとめ

ここまで、大学のテストについていろいろ語ってきました。

人によっては狙っている成績が違ったり、単位が取れればそれでいい( 私と同じような考え(笑) ) という人もいるでしょう。

それはともかく、勉強方法についてまとめると、過去問を数年間にわたって解きつつ、ノートや教科書の見返し、練習問題などを積極的に解く。

これらができていれば間違いなく単位は取れます。
取れなかったらその授業担当の先生が悪い <`ヘ´>
はずれです(笑)

なのでみなさんはテストの日にちに気を配りつつ、しっかり準備をして無事に単位を取りましょう!